植毛手術の種類

マイクロ・グラフト植毛

マイクロ・グラフト植毛は、ドナーを1~3本の毛髪を含む、
直径1mm単位のグラフトに分けて植毛します。

パンチ・グラフト植毛の改良版としてより細やかな仕上がりに対応できるようになりました。


パンチ・グラフト植毛では、10~15本の毛髪を含む、
直径3~4mmのグラフトに分割していたため、 かなり小さなサイズとなります。

このマイクロ・グラフト植毛よりも大きな単位が「ミニ・グラフト植毛」でドナーを4~6本の毛髪を含む、直径1~2mm単位のグラフトに分かれます。


ミニ・グラフトと併用する場合は、マイクロ・ミニ植毛と言われています。

しかしながら、グラフトは小さくなるほど、株分けが難しく、時間がかかり、医師の熟練度が問われます。
現在もこちらの手法はクリニックに採用されており、
生え際などの細かい部分にはマイクロ・グラフト植毛、広範囲でボリュームを出したい時はミニ・グラフト植毛というように使い分けられている場合があります。


最も広まっている植毛法「FUT」との違いは、
「マイクロ・グラフト植毛(パンチ・グラフト植毛、ミニ・グラフト植毛)」は毛髪本数を1単位としますが、
「FUT」では毛包単位でグラフト分けするというところです。