植毛手術の種類

パンチグラフト植毛

パンチ・グラフト植毛は、1960年代以降に広くおこなわれた手法です。

直径4~5mm程度の特殊な円筒型のメスを使い、一度に20~30本のの毛髪を毛根ごとくり抜き、これを薄毛部位へ植毛する方法です。


しかしながら、パンチ・グラフトでは20~30本の頭髪が束になって生えるのでドナーサイズが大きく、 自然さに欠けるという難点がありました。

また、傷跡が残ること、密度が低いこと、生えぎわが不自然なこと、毛根の向きを調節できないことなどの理由により、 今ではかえりみられなくなりました。


この短所を改良し、より自然に見えるよう、小さな株をたくさん植えこむ方法が「ミニグラフト」「マイクログラフト」になります。 (ミニ・グラフト植毛は、4~6本の毛髪を含む、直径1~2mm単位、マイクロ・グラフト植毛は1~3本の毛髪を含み、直径1mm単位)。