植毛手術の種類

スリット法

自毛植毛では、移植毛を植え込む際に使用する器具により、スリット法とニードル法(単一植毛)に分かれます。

ニードル法は専用の植毛針で1本1本植えつけていく方法ですが、スリット法は、髪の毛を植え込む場所に、メスで切れ目(スリット)をつくり、 ピンセットで一株ずつ植えていく方法です。

現在、一般的に普及している植毛法のFUTもスリット法の一種となります。


スリット法は移植する毛の数が多い、頭頂部などの広範囲部分の移植に適しています。

一度に比較的多くの毛髪を植えることができるため、
ニードル法よりも時間とコストが低くなります。


また、休止期に入ってしまい抜けた状態の毛根も移植することができるため、ドナーを最大限に活用できます。

さらに、ショックロスが起きるリスクも少ない状況です。

しかしながら、ニードル法と比べると、方向や角度の調整が難しく、医師の熟練度や経験によって、仕上がりの自然さに差が出てくると言われています。