さ行

紫外線

紫色よりも短い波長の光。日焼けの原因となるが、殺菌作用もある。浴びすぎると皮膚がんを誘発する場合もある。

自毛植毛

後頭部や側頭部などに残っている自分の毛髪を、薄毛になってしまった部分に移植する方法。後頭部や側頭部の毛髪は、薄毛の大部分を占める男性型脱毛症(AGA)に強い耐性がある。それらの部分を薄毛部分に植毛をすると、AGAに強い耐性もそのまま受け継がれる。そのため、毛髪が定着すれば力強い髪の毛が生え続けることが見込める。人工毛髪と違い自分の毛髪であるため、拒否反応を引き起こす事も無い。自毛植毛の定着率は、90%以上超と言われている。

若年性脱毛症

男性型脱毛症(AGA)の一種。20代から30代で発症するために、若年性脱毛症と言う。遺伝や男性ホルモンが若年性脱毛症に深く関わっていると言われるものの、はっきりとした原因はまだ分かっていない。

植毛

手術によって、頭皮に人毛または人工毛髪を移植する方法。植毛手術終了後、毛髪が頭皮に定着する一週間程度の期間は、入浴や運動などは出来ない。

ショックロス

植毛手術をした箇所に既存毛が残っている場合、植毛の影響で既存毛が抜け落ちてしまう現象。統計的には女性に多い症状と言われているが、はっきりとした原因は分かっていない。移植によって毛髪の密度を上げ過ぎた場合に、血行の関係で毛髪に十分な栄養が行き渡らずにショックロスを起こしてしまうという説もある。

人工毛髪植毛

薄毛部分の頭皮に医療用に開発された人工の毛髪を植えつけて、薄毛を解消する方法。自毛植毛と異なる点は、移植する毛量に際限がなく、伸びるまでの時間も必要ないことである。反対に人工毛が成長することもないため、一般的なイメージとしては「増毛」に近い。

スリット

グラフトを移植するために、移植先に入れる切れ込みのこと。

全かつら

頭部を全体的に覆う、大きめのカツラのこと。全頭カツラ、フルウィッグとも言われる。

増毛

人工毛を特殊なシートを使用して地肌に貼り付けたり、現在ある毛髪に結びつけるなどしてボリュームを出すこと。

増毛法

薄毛、脱毛症を解消するために開発された技術。毛髪の量を人工的に増やす方法である。