た行

脱毛

何らかの原因で毛が抜け落ちる症状。脱毛のはっきりとした原因は分かっておらず、治療法もまだ解明されていない。また、様々なタイプの脱毛が存在する。

男性型脱毛症

髪の毛が細くなり抜け毛が増えて前頭部の生え際が後退する、または頭頂部などが薄くなる脱毛症。AGAとも言われる。タンパク質の合成を阻害してしまうことで脱毛を起こすという説、何らかの原因で男性ホルモンが毛母細胞の活動を妨げる説、遺伝による説などがある。思春期後~30代までを「若年性脱毛症」と言うのに対し、40~50代までを「壮年期脱毛症」として区別することもある。

男性ホルモン

男らしい体型をつくるホルモン。ひげや体毛を濃く生やす働きがある。ただし、皮脂腺から分泌される酵素とテストステロンが結合すると変化を起こし、毛髪の成長を抑制してしまうこともある。

中毒性脱毛症

精神的、肉体的なストレスが原因となり起こる脱毛。一時的な症状のため、精神的、肉体的なストレスが原因となり起こる脱毛。一時的な症状のため、カツラを使用する場合が多い。

定着率

手術により植毛した毛がどの程度根付いたかを示す指標。自毛植毛の成功を計る上で重大な指標になっている。自毛植毛の場合は90%超の定着率を標榜しているが、症例によって違いもある。また、グラフト作成の手際や植毛の早さ、植毛密度、そして患者本人の生命力などによっても定着率に違いがある。

テストステロン

男性ホルモンのひとつ。体毛の毛深さ、筋肉量、男性ならではの性的特徴や精子の生産力に強い関わりがある。

頭皮ケア

頭皮環境に合ったシャンプーや食生活、適度な運動によって頭皮を健やかにすること。抜け毛予防のためには、これらを毎日行うのがよい。

頭皮マッサージ

マッサージによって頭皮の緊張(つっぱり)を緩和したり、血流改善を促すこと。また、老廃物の排出を促すデトックス効果もある。

ドナー

自毛植毛とは、後頭部や側頭部の元気な毛髪を、薄毛部分に移植する手術である。この時、移植のために後頭部や側頭部から切り取った皮膚組織を「ドナー」と呼ぶ。切り取られたドナーはさらにグラフト単位に株分けされ、薄毛部分に植毛される。一度に確保できるドナー面積には限界があるが、1cm幅ほどであれば違和感なく縫合できる。